事業体制

ケアプランセンター長 1名、介護支援専門員4名の5人の介護支援専門員が、様々な視点から意見交換をし、よりよい個別の計画を作成します。

■岐阜県指定居宅介護支援事業者番号 2172700037

 

■営業時間 年中無休 ( 8:30 〜 17:30 )

土曜・日曜・祝祭日も介護支援専門員が交代で勤務し、担当の介護支援専門員が不在の日には他の介護専門員が 速やかに対応します。

■サービス担当地域 高山市

自宅が遠方で「訪問してもらうのは無理かな?」と思われるような方でも、ぜひお尋ねください。

nakashima こんにちは。私は、妻、母、嫁をこなしながら日々ケアマネとして奮闘しています。高齢者の仕事に携わり20数年。ご本人やご家族から、体が不自由となり思うように動けない辛さや、環境が整わない暮らしの中でご苦労されている様々なお話をうかがいます。当センターでは、困りごとを一緒に考え、ちょっとした生活の工夫を提案させていただいたり、地域との関わりや様々なサービス、医療機関等の他職種との連携を図りながら上手に活用していただくことで、心と体のささやかな変化をご本人やご家族と共に喜びあい、少しでも望まれる暮らしができるようお手伝いさせていただきます。まずは、何かあったらケアプランセンター清徳会のケアマネの顔を思い出していただけるような「馴染みの話し相手」になることを目指します。

staff-shigeyama こんにちは。ケアマネ12年生の重山です。振り返えると、まだケアマネとして仕事をするようになって間もない頃、先輩ケアマネに付いて、ある利用者さん宅を訪問した時の事です。私は、先輩ケアマネの話に付いていくのに必死で、メモをとるのもそこそこに利用者さんのお部屋を後にしようとした時、それまで多くは話されなかった利用者さんが、ベットの上から私に向かって「あなたも頑張んなさいよ」と声をかけてくださったのです。新人の私の緊張感を気遣い、さりげない口調で、でもはっきりと。その一言の優しさが嬉しくて、また、利用者さんと向き合う心の余裕の大切さを感じた場面、10年以上たった今でも鮮明に思い出します。人生経験を積んだ利用者さんの姿に触れ、また懸命に介護されているご家族の気持ちに学びながらのこの仕事。初心を忘れず、でも一日一日新鮮な気持ちで仕事していきたいと思っています。

staff-kakine こんにちは。この仕事をさせて頂くようになって、日々、人生勉強をさせて頂いております。「人が生きていく事、そして逝く事」の難しさ、時には喜びを感じながら、葛藤や迷いの中で諸先輩や同僚の励ましや助言を受けて業務に励んでいるところです。ご本人様、そして一番近くでサポートしていらっしゃるご家族様が安心して前に進んでいけますよう、お手伝いさせて頂きたいと思っています。

staff-ishizawa こんにちは。私は、ケアマネジャーの仕事に就き、まだまだ一人前とはいえない自分ではありますが、日々みなさんに教えていただき、支えていただきながら務めさせていただいております。ある研修に参加した時の講師が「私がケアマネの仕事に迷いや、不安な時、悩んだ時に、この詩をみて原点に戻るんです」と言っていました。「手紙~親愛なる子どもたちへ~」という詩です。私もその詩を何度も読みました。とても感動し涙が止まりませんでした。私も悩んだり、迷いが出た時はこの詩を読み返し、相手の立場に立って考えるという事を心がけていきたいと思います。

staff-ishizawa こんにちは。私は3人の子供に恵まれながらケアマネの仕事に就いています。まだケアマネ業務に就いて間もないですが先輩ケアマネの指導、助言のもと業務に励んでいます。研修である講師がこの仕事について「ケアマネは希望を与える仕事です」と言われました。正直、人に希望を与えられるようなケアマネにはまだまだなれていませんが、自分の目標としてしっかり土台を踏み、1歩1歩知識や経験を得て1人でも多くの方に希望を与えられるケアマネになりたいと思っています。又、いつか3人の子供達にも「人に希望を与えている仕事をしているんだ」と思われるように頑張っていきます。